top of page

時計道 #𝟻-𝟸

更新日:2022年2月16日

前回の続き、



本当の目的は時計道に足を踏み入れてから丸𝟷年...。


母に話すと祖父の形見の時計をもらうことができました。

『𝗦𝗘𝗜𝗞𝗢 𝗗𝗢𝗟𝗖𝗘 𝗣𝘁 𝟵𝟱𝟬』



時計道に興味を持つまではざっくり𝙶-𝚂𝙷𝙾𝙲𝙺か海外ブランドの高級な時計でも適当に𝟷本持っておけばいいやくらいに思ってたのですが、今は完全に𝗦𝗘𝗜𝗞𝗢派で国産時計の楽しさを味あわせていただいております。


この時計プラチナなので多分結構高価なヤツ。


アウトレットでプラチナじゃないこの時計が𝟹万円くらいしてました。


倉敷のアウトレットの𝗦𝗘𝗜𝗞𝗢さんにも𝟷年間通い詰めて...



おっとこの話はまた今度。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page