漫画 #𝟼

『𝚌𝚊𝚙𝚎𝚝𝚊 カペタ』


店長が好きな漫画家さんベスト𝟹の曽田正人さんの中でも好きな作品。


カートから𝙵𝟹までを舞台に描かれてる漫画なのですが、


曽田さんの漫画って主人公が荒削りの天才を描くことが多く、


この作品もその荒削りの天才がライバルの天才と切磋琢磨して技術力、人間力を高めていく話です。


天才が努力して無理難題をクリアしていく過程はすごく感動の連続です。


特に他のプロスポーツと違って実力だけではなく、


「お金」も一緒に動かさなければならないスポーツだし、


参戦できるチームも𝟷𝟶チームで、チームからレースに出られるのは𝟸人。

(チームで登録できるのは𝟺人まで...だったような気がする...。)


𝟷レース𝟸𝟶人しか参戦できない狭き門。


それに挑む人間の覚悟を描いてる非常にモチベーションがあがる漫画です。




店長も落ち込んだ時やモチベーションを上げたいときに読みます。



機会があったら是非読んでみてください。

0件のコメント

最新記事

すべて表示